サムライメダカ《黄金ヒカリ》

サムライメダカ《黄金ヒカリ》

2003年広島県の近藤さんにより発見。翌年2004年に当館作出。ヒカリメダカの背びれが2枚に分かれ、背の方のヒレを立てたり、おろしたり、とても面白いヒレの動きをします。背びれの分かれ方も固体によって様々です。2003年広島県の近藤さんにより発見。翌年2004年に当館作出。ヒカリメダカの背びれが2枚に分かれ、背の方のヒレを立てたり、おろしたり、とても面白いヒレの動きをします。背びれの分かれ方も固体によって様々です。2003年広島県の近藤さんにより発見。翌年2004年に当館作出。ヒカリメダカの背びれが2枚に分かれ、背の方のヒレを立てたり、おろしたり、とても面白いヒレの動きをします。背びれの分かれ方も固体によって様々です。

サムライメダカ《黄金ヒカリ》を購入する

永久保存版!めだかの大図鑑へ戻る→