宮島めだか幕府 | ログイン | 会員登録 | パスワード再発行 |
めだかの専門用語

めだかの専門用語

パンダF1(仮)について

パンダF1(仮)について パンダメダカのグレートを決める際に、体型・体色とは別に目の黒さを基準にします。
"パンダF1(仮)"とは、目の黒さを基準にしたグレートの名前です。
グレートには、"パンダ(仮)"、"パンダF1(仮)"の二種類があり、名前の後に"例:目の色はパンダF1"と呼ばれています。

"パンダ(仮)"と"パンダF1(仮)"の違いですが、横から見て目の70%以上が黒色で覆われている場合は"パンダ(仮)"、それ以下の場合は"パンダF1(仮)"と区別しています。
また、上から見た場合"パンダ(仮)"と"パンダF1(仮)"の違いがほとんどなく、横から選別するまでは"パンダ品種"と統一して選別されています。

パンダF1(仮)について図1は、"パンダ(仮)"、図2は"パンダF1(仮)"を、上と横の二方向から撮った写真です。上からの写真にはほとんど違いはありません。
横からの写真を比べると、図1はパンダメダカと認識できますが、図2は普通種の目と変わりない姿をしています。
つまり、パンダF1(仮)とは上から見たらパンダメダカ、横から見たら普通種の目と変わりない姿のメダカである。


透明鱗においての片ホホについて

透明鱗においての片ホホについて虹色細胞の欠如によってエラが赤く見えるのが透明鱗の特徴ですが、両方のエラが赤く見えるのが通常の型と言えます。
片ホホ透明鱗とは、両方赤く見えるべきエラの片方を虹色細胞が覆いかぶさることにより、赤く見えなくなっている透明鱗のことです。
図1、2は一匹の片ホホ透明鱗を、両側から撮った写真です。図1のメダカのエラは赤く見え、透明鱗の特徴が出ています。
図2は、虹色細胞によってエラが銀色になり、透明鱗の特徴が出ていません。


片目スモールアイについて

片目スモールアイについて片目スモールアイとは、スモールアイ品種の一種です。
二つある目のうち、片方がスモールアイ、もう片方が普通の目で、けして可愛いメダカではないですが、スモールアイを作出する上でそのメダカの持つ遺伝子は重要だと考えています。
スモールアイ同士を掛け合わせてもなかなか産まれることがないスモールアイ品種。たとえ片方の目だけがスモールアイだとしても、そのメダカの持つ"スモールアイの遺伝子"は、ほかの普通目の兄弟メダカより何倍も重要です。
右の写真は同じメダカを両方から撮った写真を掲載しています。


新体型(仮)について

新体型(仮)について新体型(仮)とは、普通種体型のメダカの尾ビレだけが、ヒカリ体型のひし形の尾ビレに変化したメダカです。
図1の普通種体型のメダカに、図2のヒカリ体型の尾ビレをだけを転移させると、図3の、新体型(仮)になるのが分かります。


尾びれ普通種について

尾びれ普通種について尾びれ普通種とは、ヒカリ体型の尾びれが普通種体型の尾びれに変化したメダカです。
通常、ヒカリ体型の尾びれはひし形ですが、尾びれ普通種は、ヒカリ体型でありながら尾びれが普通種体型の三角形をしています。


ホホ無し透明鱗について

ホホ無し透明鱗について ホホ無し透明鱗とは、片ホホ透明鱗になる原因の虹色細胞(※前途"片ホホ透明鱗について"に記載)が両方から覆いかぶさり、透明鱗の特徴である「赤いホホ」が現れていない透明鱗メダカの事です。
透明鱗の赤いホホは見た目で判断でき、透明鱗品種全体に言える変わらない特徴の為、一般的に「個体のエラ部分(ホホ)が赤く透ければ透明鱗」と認識されています。
しかし、透明鱗の特徴はそれだけではありません。透明鱗の遺伝子がないメダカと透明鱗メダカでは、ヒレの色合いが違います。写真は全て「楊貴妃メダカ」ですが、透明鱗の遺伝子がある個体と無い個体では体色に違いがあります。
双方、透明鱗の特徴である赤いホホは確認できませんが、体全体の体色、尾ビレの色合いは全く異なります。
写真Bの透明鱗の遺伝子が入っていない楊貴妃メダカは縁の部分にしか色が出ていませんが、透明鱗の遺伝子が入っている楊貴妃メダカは縁だけでなく中心部分にも色が入っています。この特徴は個体差があるため、一般的に「透明鱗の特徴」として扱われていませんが、ほとんどの透明鱗メダカに特徴が現れます。
「ホホ無し透明鱗」を選別する際にはこの特徴を基準に選別を行うと良いでしょう。
つまり"赤いホホが確認できないが、透明鱗メダカの特徴が現れている個体"をホホ無し透明鱗と呼びます。
※写真図1、図2は同じメダカを両側から撮影したものです。


当施設の紹介

充実した設備と環境!

充実した設備と環境! 宮島めだか幕府の飼育施設では、常にメダカの健康管理を心がけております。

梱包からお届けまで

元気なメダカを全国へ!

元気なメダカを全国へ! 安心してメダカを購入していただくため(受注から梱包の仕方)までをご紹介!

めだかの学問のススメ

メダカの飼育前に

メダカの飼育前に

メダカにとって快適な環境を作るためにはある程度の物が必要となってきます…


メダカの入れ物

メダカの入れ物

メダカの飼育でよく使用する入れ物は、すいれん鉢、ガラス水槽、プラスチック容器、発砲スチロールなど…


めだかの底床

めだかの底床

容器の底にはなるべく底砂を敷いてください。底砂は水槽を綺麗に演出するためだけではなく、バクテリアなど…


めだかの水草

めだかの水草

水草にも水を浄化する作用がありますので、なるべく水草を入れてください。また、水草は水中に酸素を…


めだかの飼育水

めだかの飼育水

メダカの飼育で大切なものの1つが水です。「メダカの館」では、地下水をくみ上げて使用していますが…


めだかの飼育場所、水温

めだかの飼育場所、水温

メダカを飼育する上で日光もとても重要になります。日光に当たることにより、丈夫なメダカに育ち…


めだかの餌やり

めだかの餌やり

餌メダカに限らず、生き物を飼う楽しみの一つに餌やりがあります。生き物にとってはとても重要な…


水換え

水換え

メダカは変温動物ですから水温によって活動が違ってきます。冬場の水温が低い時は、メダカはほとんど活動…


めだかの繁殖(産卵、孵化)

めだかの繁殖(産卵、孵化)

メダカ飼育での大きな楽しみの1つが、メダカの繁殖です。メダカは条件さえ整えば簡単に卵を産み、殖やす…


めだかの病気

めだかの病気

メダカがかかりやすい病気は「白点病」、「水カビ病」、「尾ぐされ病」などです。「白点病」は体に白い…


メダカの四季の管理

メダカの四季の管理

このページをジックリ見て、メダカの四季の管理を身につけましょう!秘密のノウハウを大公開いたします。


めだかの専門用語

めだかの専門用語

時々出現するメダカに関するキーワード、「パンダF1…?」「片ホホ…?」などの特殊な専門用語を解説しています。


メダカのQ&A

メダカのQ&A

日ごろから、お客様よりいただくご質問などをQ&A方式でまとめました。是非、ご参考になさってみてくださいね!