宮島めだか幕府 | ログイン | 会員登録 | パスワード再発行 |
めだかの飼育水

めだかの飼育水


めだか飼育水 メダカの飼育で大切なものの1つが水です。「メダカの館」では、地下水をくみ上げて使用していますが、一般家庭では水道水を使う場合がほとんどだと思います。
そこで注意したいのが、カルキ(残留塩素)の問題です。水道水には殺菌の為に塩素が使用されています。
この水道水の中に含まれる塩素がメダカにとって害のあるものとなります。水道水の塩素を抜くには、一昼夜、水を汲み置きしておきます。
めだか飼育水 そうすると自然に水中から塩素が抜けます。また、汲み置き水を常に溜めておけば、水温も気温と同じくらいになり、水換えにしようする際にも好都合です。
どうしてもすぐに水道水を使わざるをえない場合には、市販のカルキ抜きを使用してください。
また、飼育に使う水道水、また地下水にしても、地域によっては、PHや硬度に問題がある場合があるようです。あらかじめ市販のPHなど測定する検査薬で調べておくと安心です。
PHとは水中のイオン濃度の度合いを示すもので、PH7が中性、それより数値が下がると酸性、上がるとアルカリ性となります。
めだか飼育水 メダカの飼育には弱酸性・弱アルカリ性の範囲内での飼育が理想です。PH飼育環境によってかわってきます。
飼育水は飼育を続けるのにつれ酸性に傾いてきます。あまりにもPHが低下することは飼育魚にとっては害になります。また、メダカをいきなりPHや水温などに差がある違う水に移したりすると、PHの急変で体調を壊したりする可能性もあります。
そのため、メダカを購入された場合や違う水槽に移動させたりする場合には、水あわせを行ってください。小さめの容器にもともといた水と一緒にメダカを入れ、それを新しく入れようとする水槽にしばらく浮かべておき、水温を同じにします。そして、新しい環境の水を少しずつ入れて、ゆっくりと新しい環境に慣れさす方法です。これをすることにより、水質や水温の急激な変化を防ぎます。


当施設の紹介

充実した設備と環境!

充実した設備と環境! 宮島めだか幕府の飼育施設では、常にメダカの健康管理を心がけております。

梱包からお届けまで

元気なメダカを全国へ!

元気なメダカを全国へ! 安心してメダカを購入していただくため(受注から梱包の仕方)までをご紹介!

めだかの学問のススメ

メダカの飼育前に

メダカの飼育前に

メダカにとって快適な環境を作るためにはある程度の物が必要となってきます…


メダカの入れ物

メダカの入れ物

メダカの飼育でよく使用する入れ物は、すいれん鉢、ガラス水槽、プラスチック容器、発砲スチロールなど…


めだかの底床

めだかの底床

容器の底にはなるべく底砂を敷いてください。底砂は水槽を綺麗に演出するためだけではなく、バクテリアなど…


めだかの水草

めだかの水草

水草にも水を浄化する作用がありますので、なるべく水草を入れてください。また、水草は水中に酸素を…


めだかの飼育水

めだかの飼育水

メダカの飼育で大切なものの1つが水です。「メダカの館」では、地下水をくみ上げて使用していますが…


めだかの飼育場所、水温

めだかの飼育場所、水温

メダカを飼育する上で日光もとても重要になります。日光に当たることにより、丈夫なメダカに育ち…


めだかの餌やり

めだかの餌やり

餌メダカに限らず、生き物を飼う楽しみの一つに餌やりがあります。生き物にとってはとても重要な…


水換え

水換え

メダカは変温動物ですから水温によって活動が違ってきます。冬場の水温が低い時は、メダカはほとんど活動…


めだかの繁殖(産卵、孵化)

めだかの繁殖(産卵、孵化)

メダカ飼育での大きな楽しみの1つが、メダカの繁殖です。メダカは条件さえ整えば簡単に卵を産み、殖やす…


めだかの病気

めだかの病気

メダカがかかりやすい病気は「白点病」、「水カビ病」、「尾ぐされ病」などです。「白点病」は体に白い…


メダカの四季の管理

メダカの四季の管理

このページをジックリ見て、メダカの四季の管理を身につけましょう!秘密のノウハウを大公開いたします。


めだかの専門用語

めだかの専門用語

時々出現するメダカに関するキーワード、「パンダF1…?」「片ホホ…?」などの特殊な専門用語を解説しています。


メダカのQ&A

メダカのQ&A

日ごろから、お客様よりいただくご質問などをQ&A方式でまとめました。是非、ご参考になさってみてくださいね!